Blogブログ

お店での出来事や医療用ウィッグに関する情報・私たちの試行錯誤な日々などをお伝えしています。

【オリジナルウィッグのニューミックス毛】只今開発中

これは昨日の出来事・・・

背中をまぁ~るくしながら、 山崎が ちまちま と何かをやっていました。
なんでそんなところでやっているのかは分かりません。

DSCN4798.jpg

そして・・・
なんでこんなところに「くつ」 が脱いであるのかも分かりません。

DSCN4799.jpg

数十分後・・・

どうやら もっと隅っこに移動した模様。
一応 「くつ」 は 並べて除けたようですが・・・

DSCN4802.jpg

ブーツ履いてるくせに・・・ なぜそこに「くつ」があるのか まったく意味不明です。

さて ここからが今日の本題。

コンフェッティでは、またまた 医療用ウィッグのニューバージョンを開発中 です。
作っているのは 人毛50%+耐熱人工毛50%のミックス毛。
今までのオリジナルウィッグ(ミックス毛)とは違うラインナップとして開発しています。

開発するにあたってはいくつかの理由がありました。
その理由については
無事にこのウィッグが出来あがったらちゃんとお伝えしようと思いますが
まだまだ試作段階なので ここからが大変なところです。。。

このところブログも書かずに、夜な夜な没頭してたのはコレです!(^^)!
菅谷&山崎の仕事の中で 最も難しいのは この ウィッグ開発。
なんてったって 自分たちの力だけではどうにもなりませんからね(@_@;)(@_@;)

私たちがやりたい!! と思う事を実現させる為には
私たちが持っていない知識やノウハウを持っている その道のプロフェッショナル が必要になります。
また そうゆう「人」との出会い がなければ、いっくら頭の中で考えてても単なる妄想で終わってしまいますものね。(._.)

ここ数年間・・・四六時中 「かつら」 のことばっかり考えてるもんだから
神様が助けてくれてるのかなぁ~ なぁ~んて思ったりもしますが
ほんと 人との出会いに感謝する今日この頃です。(^-^)(^-^)

今回のミックス毛で特にこだわっているのは 「毛質」です。
人毛50%+耐熱人工毛50% と書きましたが、この比率って結構難しくって。
以前も試作で作った事があったのですが善し悪しの判断に迷ってやめた事がありました。

しかし、今回なぜまたそれを作ったかというと
そこに 人工毛髪を研究している方の プロの技 が加わったから。

これは大袈裟に言ってるわけではなくって
5年の歳月をかけて独自に研究開発されたものなんだそうです。
それをなんと コンフェッティ仕様にアレンジしていただきました。

まず 試作品を手にした時の我々の第一声。
「うっそ! ・・・ これ・・・ミックス毛 ??」

私たちが作りたかったのは、限りなく人毛に近い質感のミックス毛 だったので
実際手にした時は、かなりビックリしました。

いや! 正直に言うと・・・ビックリしたっていうより・・・何だか焦りまして。。。
どうだったかの感想を詳しくお伝えしなくては と思いつつ・・・○○さんに電話。

○○さん 「どうでしたか?」
菅谷 「いやぁ~ あれってミックスですよねぇ~?
なんか・・・ミックスじゃないみたいなんですけど」

○○さん 「えっ それって・・・ 駄目ってことですか?」 と 一緒に焦る○○さん。
菅谷 「いや! 駄目じゃなくって ・・・もの凄くいいです!」

って あれこれと良さを伝えてるんだけど、こっちは焦ってるもんだから
言ってる事が真実味に欠けてたんでしょうね。

半信半疑の○○さんは
「山崎さんの感想はどうですか?」って言うんで電話を山崎に代わりましたよ。
たぶん ○○さんは同じ事を聞いたんだと思います。

山崎「・・・ いや! ほんと・・・もの凄くいいです! ・・・いや! ほんとに」

山崎もまったく同じような感想を言ってるもんだから
ますます○○さんは疑心暗鬼になったみたいですが、今思い出すと面白いです(^◇^)
みんな焦ってて(^v^)

では その出来たてホヤホヤの 試作品を検証 してみたのでお伝えしますね!
今回はカールの出方です。 画像はクリックすると拡大します。

まずはノーカット状態からカットしてスタイルを作りました。
毛先をアイロンで少し内側に入れてありますが、前髪は何もしていないのでストレートのまま。

髪には程良い重さがあり、良質な人毛と同じような しなやかさ があります。
この手触りが、我々ビックリして焦っちゃったところ。

次に 32ミリのアイロン を使ってカールをしっかりと付けていきます。
このミックス毛・・・
自髪や人毛100%と同じように髪が乾いた状態でアイロンが使えます。

ここが通常のミックス毛と違って大きな特長でもあります。
自分で好きなようにアレンジが出来るなんて ちょっと楽しいでしょ?

そして せっかくクルクルにしたけど、ここでシャンプーしてしまいます。
どのくらいのカールが残るかを試すため。

人毛が50%入ってるから、シャンプーすれば当然人毛部分のカールは落ちてしまいますが
そこで威力を発揮してくれるのが、特殊加工された人工毛!(^^)!
洗いたてはこんな感じになってますが・・・

自然乾燥で少し乾いてきたらクシュクシュって毛先を握ると少しカールが蘇ってきます。
ここはミックス毛! 乾くのは早い。

完全に形状記憶されたカールとは違ってダレ感はあるものの
ちょうど大きめのロッドで自毛にパーマをかけたときのような感じになりました。

さらに乾くのを待って、前髪とサイドの髪だけを軽く内側にブローで仕上げました。
自然乾燥のままでもOKですけどね、完全に乾くのを待っていられなかったもんだから(^v^)

とてもナチュラルなスタイルに仕上がるので リアル感 がありますね!

今回の検証の結果
髪の質感にはかなり満足しています!(^^)!
是非 みなさんも触ってみて感想を聞かせてくださいね!

あとは3D効果をプラスしてネットの形状を調整していけばOK ってとこだけど
もうちょっとで出来るかなぁ~~~ 出来るといいなぁ~~~
誰か代わりに こっそり作ってくれないかなぁ~~~(^_^;)(._.)(^_^;)


6月30日追記:

試作と検証を重ねた結果・・・
完成したニューミックス毛は人毛比率が70%まで上がりました。
使用している人毛は バージン毛のレミーヘア。
しなやかさと自然なツヤがあって、とてもキレイなウィッグに仕上がっています。

私たちの目標であった 「限りなく人毛に近い質感のミックス毛」
完成しました!!

  1. ミライ

    SECRET: 0
    PASS: 199c3cef229d30beae0ecab44a8f26ed
    お久しぶりです。シアトルのミライです。
    こうして日々研究してより良いウィッグを開発してくださってありがとうございます!
    私は無事に自毛デビューしてもうウィッグの必要はなくなりましたが、これから病気と闘っていく人にとってはコンフェティさんは希望の光です。
    これからも頑張ってください!

  2. 山崎

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ミライさん。。。

    コメントをありがとうございます。
    ずっとブログをご覧になってくださってて 遠い地からの応援…とても嬉しいです。o(^-^)o

    ミライさんのような励ましのお言葉や 周りの方達やお客様のご協力でコンフェッティは成長できているのです。
    感謝。感謝で ございます<(__)>

    そして…無事に 自毛デビューできたのですね(^O^)/
    ほんとに 良かった~♪

    自毛デビューのお手伝いができなかったのは残念ですが 帰省された時は ぜひ コンフェッティの方にもお寄りくださいね!o(^-^)o
    お待ちしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事