Blogブログ

お店での出来事や医療用ウィッグに関する情報・私たちの試行錯誤な日々などをお伝えしています。

抗がん剤治療をお受けになる際のウィッグの準備と事前カットのタイミング

昨日・今日と3人のお客様の事前カット をさせて頂きました
なんと みなさん病室が同じだったそうです。

退院してからも
今どんな状態か・どんな症状が出たか、などをメールでやり取りされてるようです
1回目の抗がん剤治療後、吐き気があったけど 何とか大丈夫だったよ! とか
今 検査の数値がこうだよ! とか

同じ経験を同じ時期にしているからこそ話せること、話したい事ってたくさんあるでしょうし、
何よりも 分かり合える仲間がいるって、それだけで力が湧いてきますよね!

そしてみなさん「ウィッグの準備」をとても計画的にされていて
他の方たちの参考になればと思ったので書いておきますね

 1.ウィッグの下見~購入

病院の先生や看護師さんから 「抗がん剤で 脱毛するからウィッグを準備しておいてくださいね!」
と言われてから、だいたい数週間で一回目の抗がん剤治療をお受けになると思います。
理想的には、この間に購入されるか、目星をつけておくとあとで慌てずにすみます。

以前にもブログで書きましたが、気に入ったウィッグを見つけようと思うと、とにかく時間と体力が必要になります。
何箇所か見て回ると、自分に合うウィッグっていったいどういうものなんだろ??
なんて 混乱してしまって なかなか決断できない事が 多いみたいで…
 (そうかといって試着もせずに ポチッとネットで 簡単に購入してしまい 後でまったく着けずに ムダなお買い物をしてしまった… なんて事もよく聞きます)

「医療用のウィッグ」 は決して安いものではないですし、治療中の気分を上げるためにも
一番自分らしくいられるもの、 快適にすごせるものを、なんとか頑張って見つけていただきたいのです。
 
ウィッグ探しは、抗がん剤がはじまる この数週間にされるのが良いと思います。

 
2.事前カット~ウィッグデビュー
 
脱毛が始まる前に あらかじめ自毛をショートカットにしておくことを 「事前カット」 と言います
長い髪がハラハラと抜けていくのを見るのは、女性にとっては耐えられない事だし
髪が長く柔らかい方などは、その抜けた髪が抜けていない髪に絡まってしまい 厄介な事になってしまいます

この状況を少しでも回避する為に、事前カットを おすすめする事もあります

 
一回目の抗がん剤治療から2週間前後で脱毛が始まり1週間くらいの間にこのままでは ちょっと外には 出られないな… という状態になります
 (この時期が一番つらいかもしれませんね。。。)

 そんな時はなるべく鏡を見ないようにしましょう!
 また、室内にいる時も抜けた毛が下に落ちないように
 柔らかい生地のケア帽子などを被っておくといいと思います
 夜寝る時も薄手のものを・・・枕に付いた抜け毛の始末も切なくなるし 髪がなくなると結構頭が冷えてしまいます
  
 
今日 いらしたYさまなんて 次の日から 普通にお仕事に行かれちゃったそうなんですが  一回目の治療後3~4日は体調が優れないことも 多いようですから外出は難しいかもしれません

 なので 事前カットの時期は
 一回目の治療後、2週間〜脱毛が始まった頃 がベストかなぁ~と思います
 
もちろんその前でもいいのですが…
なるべく短くカットをした方が ウィッグもフィットしますので ギリギリまで 自毛で過ごされる方が ストレスが少ないと思います

自毛がロングの方なんかは…

ロング→(事前カットで)ショート→(ウィッグで)ロング なんて 周りの方が??? なんて事態になっちゃいますからね

その事前カットの時に あらかじめ用意しておいたウィッグを持参して、もう一度着け方や着ける位置などを確認し ご自身で実際にやってみます

 そして そのまま「ウィッグデビュー」

 
その後…
ご自身で 少しお使いになってみて 毛量の調整や気になるところの微調整をすれば ウィッグはどんどんご自身のお顔に馴染んできます

治療が終われば、必ず髪はまた生えて きますから
あまり心配し過ぎないようにしてくださいね!

   
皆さん 多少の個人差は あると思いますが 参考にしてみてくださいね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事